黒ずみ解消法

自己処理による黒ずみの悩み

夏になると恥ずかしい思いをしませんか?

 

それはワキが黒ずんでいて明らかにカミソリで剃った後だとわかってしまう事。

 

元から黒ずみになりやすい方もいますが、遺伝的要素がある為に起きる方もいます。

 

美白などで肌を白く保っている方にとってワキが黒いことは余計に目立ってしまってコンプレックスになる可能性もあります。

 

精神衛生面でもよくありませんし、女性にとっては大きな悩みです。

 

どうして黒ずんでしまうのかを調べてみると、意外な事が判明しました。

 

キレイに剃毛出来ていても黒ずむのは
色素沈着といってメラニンが生成されてしまうからになります。

 

ですが、メラニンといえば紫外線。肌の日焼けなどで起きる現象であると認識されている方が多いのではないでしょうか?

 

確かにメラニンは日焼けなどの紫外線を受けて生成されるものですが、何故自己処理によって日に焼けていない部分が黒ずむのでしょうか

黒ずみ解消法は?脱毛サロンとクリーム比較

 

メラニンは紫外線だけではなく、毛根に刺激や付加がかかった時にも生成されるものになります。

 

カミソリなどで毛の流れに沿っていないと付加がかかり肌が再生しようとする為にメラニンが生成されます。
また、毛抜きなどの毛根に刺激を与えることも肌に付加がかかりますのでメラニンが生成される大きな理由になります。

 

それ以外にも手を大きく振って歩いてワキに摩擦が生じたり、ワキガの方で臭いの元であるアポクリン汗腺が活発になり、炎症等を引き起こして蓄積するとも言われています。

 

どうしたら色素沈着を防ぐことが出来るのか?

 

それはカミソリなどの抵抗を与えなければ良いのです。

 

理屈はわかると思いますが、剃毛しなければ毛が生えてきますし、日本の女性にとってワキの毛が生えていることはコンプレックス以外には考えられません。
コンプレックスや余計なストレスを軽減するために剃毛するのに毛が生えていたら意味がありません。

 

根本的に問題を解決するには剃毛をしない状態を作る必要があります。

 

実際のところそういうことは可能なのでしょうか??

 

女性なら誰でも考えたことがある方法だと思います。
それは黒ずみのそもそもの原因を改善していくという方法になります。

 

例えばその中の1つが永久の脱毛になります。そもそもの原因をつくる毛根自体を破壊して毛の再生が永久的に起きないようにします。

 

そうすることによって肌を傷つけることもなくなりますし、ワキガに対しても毛根につながっているアポクリン汗腺も遮断する為臭いの軽減にもなります。

 

例えばこのような方におすすめです!

 

体験談1

黒ずみ解消法は?脱毛サロンとクリーム比較

子どもが産まれ、ムダ毛の手入れをする時間がなくなりました。そこでエステの光脱毛を行うことを決心し、脇と膝下の黒ずみ解消を目指し、脱毛契約をしました。
一度にムダ毛がなくなるわけではなく、3か月ごとに通わなくてはいけませんでした。

 

日焼けに厳しく、夏は光を当てる強さを弱めて行うと言われたので、気になるのは夏ですが始めるのは秋から冬のほうがいいと思います。
次の脱毛までに時間があきすぎてしまうので、生理と重なったり予定が入ってしまったりと少し厄介なところもありました。

 

時間はかかりましたが、2年ほどで大分キレイになり、剃っても見えていた毛の黒ずみもなくなりました。カミソリで除毛すると濃くなると言われますが、本当にその通りでした。

 

私は子どもが生まれるまで黒ずみする勇気がなかったのですが、こんなに楽にキレイになれるのならもっと若いうちにやっておけばよかったと後悔しました。

 

現在娘が一人おりますが、
この子には早いうちに脱毛させてやりたいと思い、今から貯金をしております。

 

ただ、光脱毛は永久脱毛ではなく毛が眠るだけとのこと。
ホルモンバランスによっては再度出てくることもあるそうです。

 

ですが、費用は安くサロンは通いやすいし、何より痛みがほとんどありません。脇であればほんの5分ほどで終了する程度ですので、本当に手軽にできると思います。脱毛を初めて5年ほどたちますが、一度なくなった毛は今のところ出てきていません。

 

娘が高校生くらいになって気にしているようだったら、同じ女として協力してあげたいと思います。

 

この方の場合は、永久脱毛ではなく光の脱毛をしたということですが、完全に黒ずみを解消したいのであれば永久脱毛がおすすめです。

 

 

その他には「重曹」が効く

その他の話では、お肌の黒ずみに「重曹」が効くという噂が話題になっているようです。
もしこの話が本当なら、お手軽に手に入れてケアができてしまいますね。

 

例えば陰部の黒ずみにも重曹を使っても影響はないのでしょうか?

 

もし使えるとしたら、重曹を買いに行っても黒ずみのお手入れなんて誰も夢にも思わないから、カモフラージュとしても優秀ですね。

 

そこで、重曹を使ったお手入れについて調べてみました。

 

どうやら一般的な重曹ケアの方法は、

 

・洗浄ソープを泡立てる
・そこに重曹を一つまみ
・気になる部分を優しく洗ってすすぐだけ

 

ということで、普段使っているような洗浄ソープに重曹を加えるだけなら
とってもコストパフォーマンスが高いですね。

 

重曹を水に溶かした重曹水は石鹸と弱アルカリ性であり、そこが汚れ落としやピーリング効果を期待されている所以なのでしょうか。

 

 

専用のソープとクリームで清潔にしよう

デリケートゾーンは不衛生になりやすい場所になります。

 

弱酸性で肌に優しい専用のソープや、弱酸性でオーガニック石鹸で泡をしっかり立てて、洗ってください。
石鹸がアルカリ性だと、保湿成分もみんな洗い流してしまうため逆効果になります。

 

お風呂上がりに、クリームでケアすることで、清潔をなるべく保ちやすくなります。

 

黒ずみの解消はただクリームを塗るだけではなく、
規則正しい生活や肌に必要な栄養素を摂ることも必要です。

 

年齢を重ねていくにつれ、女性ホルモンが低下していきます。

 

低下すると、体調に影響されるのでイソフラボンやプラセンタなどを補っておくと、デリケートゾーンの悩みやそれ以外の女性特有のトラブルの予防に繋がります。

 

デリゲートゾーンの黒ずみは色素沈着そのもの

デリゲートゾーンの黒ずみはシミ、そばかすと同じ色素沈着してまった皮膚です。

 

デリゲートゾーンは部位の中でメラニンが活性しやすい部位です。

 

何故なら?皮膚を守らないといけないからになります。

 

外部からの摩擦か皮膚を守るために、皮膚がかたくなりメラニンが活性して色素沈着が長い年月をかけて、グロテスクになってしまったのです。

 

人間誰しも起こってしまう現象なため、あまり気落ちしないでくださいね。

 

ちなみに黒人はデリゲートゾーンの黒みは日本人より濃く、白人は日本人より黒ずみは薄いそうです。

 

 

根本的な原因を探ると実は〇〇が原因

黒ずみ解消法は?脱毛サロンとクリーム比較

 

デリゲートゾーンの黒ずみをなんとかしたい!
専用のボディソープやクリームをネット通販で
買うのも良いのですが、それだけではイタチごっこになるかもしれません。

 

デリゲートゾーンの黒みが残っているままということは、新しい肌が作られていないということ。

 

新しい肌が作られていないということは、肌のターンオーバーが乱れていうこと。

 

肌のターンオーバーが乱れているということは、代謝が悪いということ。

 

代謝が悪いということは、ホルモンバランスが安定していないということは、
女性の心と体の体調を左右する原因にたどり着くのです。

 

ホルモンバランスを安定するために
専用ソープやクリームで綺麗にすることも大切ですが、ホルモンバランスを支える成分

 

・プラセンタ
・イソフラボン
・ラウリン酸
・ビダミン
・ミネラル

 

が入った、大豆類、魚、ナッツ、果物、ココナッツオイル、バター
などを料理、サプリメント、スムージーで摂るなとして、内側ケアするように心がけましょう。

 

チアシード、アサイー、カムカム、ヘンプ、キヌア、マカという
スーパーフードで補うこともできますよ。

スーパーフードが含まれているオーガニック石鹸であれば、
専用のソープが無くても代用できます。

 

■まとめ

・デリゲートゾーンの黒ずみの原因はメラニン

 

・デリゲートゾーンはメラニンが活発しやすいため、それほど気にしなくても良い

 

・デリゲートゾーンの黒ずみを解消するには、ホルモンバランスを安定させて、代謝よ良くした方が解決しやすい

 

 

洗いすぎ、水で流すだけはNG!デリゲートゾーンのかゆみの原因について

 

デリゲートゾーンの洗いかたはよく分からない。デリゲートゾーンは雑菌が観戦しやすいので、どうやって洗えば良いのかと悩みませんか?

 

デリゲートゾーンがかゆくなる原因の1つとして、洗い方にあるようです。

 

保湿成分まで洗い流しているかもしれない

黒ずみ解消法は?脱毛サロンとクリーム比較

デリゲートゾーンの肌は顔の肌と同じてす。

 

保湿成分が外部から刺激を肌に与えないようにバリアを作っているのです。

 

ニキビと同じで弱アルカリ性の石鹸でゴシゴシ洗うと、洗浄の際に肌を守る保湿成分まで洗い流してしまいます。

 

その結果

・摩擦で皮膚がカサカサになる
・肌を守るために皮膚が固くなる
・乾燥肌になりやすくなる
・ムレで痒みがでてくる
・かゆくなる
・黒ずみが出てくる

 

ニキビが発症する流れがデリゲートゾーンでも起こっているのです。

 

デリゲートゾーンを守る保湿成分はそのままに
汚れだけ落とす弱酸性の石鹸を使うと良いんです。

 

 

デリゲートゾーンは不衛生であること

デリゲートゾーンは下着や衣類または生理用ナプキンによる
摩擦やムレによってかゆくなります。

 

雑菌など繁殖しやすいため、清潔を保つことは難しい部位です。

 

しかし、清潔に保つためにも弱酸性の石鹸で洗うこと。

 

通気性の良い下着に替えてムレにくくすること、それだけでもかゆみを解消できるのです。

 

薬でかゆみを解消したい

もしかしたら、ガンジタなどの感染症からなるかゆみかもしれません。

 

そのような場合には病院で検査してもらうということも大事になってきます。

 

・小林製薬のフェミニーナ膣カンジタ錠
・satoのエンペシドL
・大正製薬のメディトリート

 

といったドラッグストアで購入できる薬を使ってしばらく様子を見てください。

 

それでも、かゆみが止まらない場合は病院で診察を受けるようにしてください。

 

悪化してしまって取り返しのつかないことにならないように早めに処置をしてもらいましょう。

 

デリゲートゾーン専用のソープやクリームで日々のケアを忘れずに

根本的な原因がわからないと、デリゲートゾーンの環境は変わりません。

 

最近では、デリゲートゾーン専用のソープやクリームなどもネット通販で購入できるようになりました。

 

それらのアイテムを使い、
・デリゲートゾーンに優しく撫でれるように泡で洗うこと。
・ぬるま湯でゆっくり洗い流すこと
・専用クリームで保湿ケアをすること

 

この3つを毎日ケアして行くと、かゆみ、ニオイなどが解消されます。

 

・アロエベラ
・ローズ水
・パーム油
・甘草

 

といった成分が入った石鹸がおすすめです。

 

■まとめ

・デリゲートゾーンの保湿機能バリアが機能していないため、かゆみの原因が出てくる
・弱酸性の石鹸で泡で洗うように優しく洗うと良い
・かゆみ、ニオイを解消するには、デリゲートゾーン専用のソープやクリームを使うと良い

 

 

どうでしょうか?

 

このサイトでも載せているように自分で黒ずみを改善することはできるのです。

 

重曹やクリームといった商品を使うことも重要ですが、あまりにもそれでも改善が見られないという時には自分で病院に行くということも大事になってきます。

 

自分でチェックをしてみてできる限りのことはしてみる、それでもだめな時は第三者機関を頼ってみるということをしてみるのがおすすめです。

 

あまりにも自分で対応するのが怖いという場合にはそもそも病院などにいってしまって適切な処置の方法を聞いてしまうのが早いということもあります。

 

注意しなければいけないことは、間違った処置を間違った方法でしてしまいそのままにしてしまうことです。

 

間違った方法でそのままにしてしまうと逆に悪化してしまうということもありますし、気づかないままで最悪な結果、病気などになってしまっては、意味がありませんので困った時はまず相談をするようにしましょう。